猫のしっぽ

猫の姿を借りて

暮らしの中の さりげない哀感や悦びを表現し続けたやまだ紫さん
彼女が逝ってから何年経ったんだろう・・・




c0214345_11505771.jpg
      日 向


   おひさまでぬくぬくした座ぶとんの上で
   ねこ一匹 ひなたぼっこです

   ひがな一日 それですごします
   まぶたなど はんびらきです

   みえるのは お日様いっこ
   ほかに ───
   おひさまの金粉をまぶした自分の手足

   せけんなど どうでもいいのです
   お日様いっこあれば


      やまだ紫著『性悪猫』より




















  「子等の為になら 何でもできるぞ」

   ─── と思ったのは勘違いで

   できることなんて

   すべきことなんて

   なんにもなくて

   私が元気で

   存在(ある)ことだけ・・・

[PR]
by tya-i | 2011-10-14 12:23 |